本文へスキップ


検証環境構築効率化ツール「Log2SVA」

●こんなことはありませんか●

CodingしたRTLや流用したRTLの検証をする際に、諸事情により、チェッカーが存在しないため(後で作る
予定だったり、実機による検証方針のため、最初から作る予定が無い場合など)に、動作確認(debug)が
中々収束しなかったり、場合によっては、RTLに致命傷(デグレ)を含んだまま最終RTLをリリースして
しまったなど...

RTLできた デバッグ開始 おてあげ

弊社では、このような課題を解決するための一つの手段として、波形にて目視確認した機能(RTL)や過去に
動作実績のある機能(RTL)から作成したいCheckerポイント(端子や内部信号)を指定するだけで、比較的容易に
Checkerを作成できるツールを作成しましたので、ご紹介いたします。

みなさん!。 このツールを、是非、活用してみませんか?


★Checker作成(ツール活用)実行手順概要★

実行手順は至って簡単です。
Checkerを作りたい信号を指定して、シミュレーションを一度流すだけです。

reg_sig作成 LogFile作成 Checker生成 最終SIM


Log2SVAのツール概要

簡単に言うと 指定したRTLの信号に対するChekcerを容易に生成するツール
動作環境 Windows7(64bit)以降のOS。※Linuxサポートは検討中です。
サポート言語 ・Monitor用:VerilogHDL
・Checker用:VerilogHDL対応のSVA
※VHDL版のサポートは検討中です。
ツール種別 ・Basic 版:弊社が独自に定めた非常にシンプルなChecker機能のみサポート。
・Custom版:お客様とお打合せさせて頂き、実装機能を決定して後、委託形式で
       開発・提供致します(機能的にはBasic機能に追加する形です)。
チェック機能 ・Basic版:
 @リセット解除後の指定信号の初期値チェック
 A指定信号が仕様の範囲内(連続)に収まっていることのチェック
 B指定信号のFSMが仕様の遷移しかしない事のチェック
 C指定の2地点間が接続されていることのチェック
・Custom版:
 ※弊社ご提案の機能もございますが、原則、お客様と協議の上実装し、
  ご提供致します。
 ※機能について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
販売形態および
 費用
売り切りの形態となります。
不明点がございましたら、log2sva_contact@stlc.co.jpまでお問合せください。
★Basic版を更に機能限定した体験版もございます。★
なお、ライセンス有効期限後、簡単なアンケートのご協力をお願い致します。

★ご購入にあたりましては、購入契約書の締結が必要になります。★
ライセンス ノードロックのライセンス形態になります。
マシン1台に付き、無期限相当(100年)の有効期間になります。
ご注文の際は、購入ライセンス分のマシンのHostID(Macアドレス)を
ご連絡お願い致します。
★体験版のライセンス有効期間は1か月間です。★
問い合わせ先 宛先:
管理部)事業推進室 埴原、池亀
技術部)ASG 金子、村上
TEL 044-245-0102
メールアドレス:log2sva_contact@stlc.co.jp
その他、ご連絡事項 ・ご質問、デモ実施、体験版のご希望等は、
 log2sva_contact@stlc.co.jpよりお問合せください。
・Custom版に実装した機能の版権は、原則、弊社保有と考えております。
 よって、実装機能を決める際は、版権所有者が問題にならないよう、協議させて
 下さい。